どうしてこんなに潔さがないのか(2)



防衛省は、イージスアショアの候補地調査をやり直すと言う。

「いったん白紙に戻して」ということなんだろうか(報道を
見る限りそんな感じはしないが)。今度こそ正確な調査をし
て正確なデータでもって、新屋が最適地であるということを
科学的に証明した資料で説明するのだろうか。
はじめから悪い予想はしたくないが、根拠を示さずに金銭や
脅しでゴリ押しするというなら、私は断じて現政権を支持し
ない(イージスアショアの必要性とはまた別次元の問題だ)。

また、ネット上のあちこちで「年金だけで暮らせるはずがな
く、2000万くらいの資金がなければやっていけないことはと
っくにわかっていたじゃないか」という論調を目にする。

だったら、だったらなぜ正しいことを主張している報告書を
なかったことにするのか。
なぜ「安心ということにかわりはない」と誰も信用しそうも
ないきれいごとを言うのか。そんなに年金政策の失敗を認め
たくないのか。

何度も言うが、国民主権の民主主義であるならば、およそど
んな状況であっても国民には真実を語るべきだ。納得できる
根拠を示し、自分たちの失敗を謙虚に謝罪し、これからの方
針を示すならば、多くの国民はきっと理解を示すはずだ。そ
れくらいのリテラシーは十分にあると私は思っている。

そこまでやって、それでも大多数の国民が理解を示さずバカ
な選択をするというなら、国が滅んでも仕方がないと私は思
う。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック