テーマ:政治

どうしてこんなに潔さがないのか(2)

防衛省は、イージスアショアの候補地調査をやり直すと言う。 「いったん白紙に戻して」ということなんだろうか(報道を 見る限りそんな感じはしないが)。今度こそ正確な調査をし て正確なデータでもって、新屋が最適地であるということを 科学的に証明した資料で説明するのだろうか。 はじめから悪い予想はしたくないが、根拠を示さず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうしてこんなに潔さがないのか

「老後は年金だけでなく2000万円の資金が必要」問題にしても、 「イージスアショア秋田配備の説明会での不手際」にしても、 どうして現政権、現政府は潔さがないのだろう。 なぜ言い逃れをしようとする? 正論ならそのまま国民に釈明すべきではないのか。 その上で「日本という国を成立させるためには、どうしても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜田前五輪相の失言

今度は、桜田前五輪相の失言が物議をかもしている。 これについてもネット上でかなりの論争がされているが、個人的には丸山議員の 発言などよりずっと問題は小さいと思う。批判されても仕方のない発言だとは思 うが、野党の糾弾の仕方はちょっと過剰反応のように思えたし、擁護する人たち の気持ちもわからなくはない。少子化が深刻な問題であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

領土奪還は戦争で?

丸山穂高議員の発言は良くない。これは私のような一介の庶民でも言いきれる。 私がまず第一に感じたのは、親子以上の年齢差のある人に対する礼儀と遠慮の なさだ。仮にも戦争を実体験し、その恐ろしさが身にしみている人に対して、 何ということを聞くのか。戦争をすれば同じ境遇の人が増えるのだぞ。 戦争のことを口にするなら、そのよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元号が変わった(3)

今後の皇位継承について、新聞等でも問題提起の記事が目立ってきた。 ネットではすでにさんざん語られている内容ではあるが、大きく分けて女系天皇を 認めるか、旧皇族男系男子を復帰させるかの二つしかない。(国際的に軽べつされ る側室制度の復活はないと言っていいだろう。) アンケートの結果は女系天皇容認が圧倒的に多いが、安倍政権を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元号が変わった(2)

しかし、どうして未だに先代天皇(上皇とよんだ方がいいのか)に対し、生前退位 は憲法違反だわがままだと言う人が後を絶たないのか。憲法違反は事実かもしれな いが、天皇をより人間らしく扱おうと思ったらなら終生天皇を強いるべきではない だろう。一度就いたら死ぬまでやめられないって、どんなブラック国家だよ。 今の憲法にしたって、中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元号が変わった

おとといきのうのお祭り騒ぎは、あおった政府・マスコミも予想外だったのでは ないか。ネットでは一緒に礼讃する人もいればバカ騒ぎと評する人もいる。 いかに現政権首脳たちが「今回限り」と言おうとも、「次回も生前退位とすべき だ」となるのは間違いないな。よほどガチガチの保守派でなければ、昭和から平 成への代替わりのときのような、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元号が変わる(6)

前回も触れたが、週刊現代に「愛子内親王のお相手に旧皇族男系男子はどうか」 という記事があった。要するに、将来的に悠仁親王が即位したとして、生まれ る子供が女子ばかりだったらどうするのか、という話である。 しかし、記事によると、旧皇族11宮家で二十代以下の男子はたった6名しか いないという。しかも、うち半分くらいは小学生以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元号が変わる(5)

昨今の皇族バッシング、その中での秋篠宮家へのものは、首相官邸が主導し ているとの記事や書き込みがある。根拠は示されていないが、状況証拠から さもありなんという書き方がされている。不思議なのは、高支持率のはずの 総理シンパたちから反論がほとんどないということだ。まあ直接責められて いるわけでなし、相手にしないということかもしれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元号が変わる(4)

今上天皇の生前退位に、安倍総理は反対だったという。 確かに、法にもとる行為であるし、天皇には許されていない政治的発言と とられかねない発言であったと思う。 しかし、私が思うに、法は人間が作るものであり、どうしたって完璧なも のにはならないし、時代とともに合わなくなってくることも多いだろうし、 より良くしていくために…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元号が変わる(3)

あいかわらず新元号には賛否両論かまびすしい。 どちらの意見もそれなりに正しく、また人に押し付ける論調のものはど ちらも間違っている。 「令和の令は、命令を喚起させるのでよくない」 これはごく普通に、当然出てきてもおかしくない意見だ。 「令和の令は、命令の令を意味していない」 これもまた、原典の万葉集にたちかえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元号が変わる(2)

あくまで、週刊誌やネットの拾い読みでの印象であるが、こんなにも 皇族たち、それも誰かれなくバッシングされている状況は初めてでは ないだろうか。ネットブログAでは東宮夫妻が叩かれ、雑誌Bでは弟 宮家が、ネット掲示板Cでは現天皇夫妻が叩かれている。(無論全て の皇族を叩く人は少なくて、一部の記事に書かれているように、東宮 を叩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元号が変わる

もうまもなく元号が令和に変わる。 私は日本人であり、人並みに愛国心もあると思っているが、 元号に関しては感慨よりも先に「面倒」と感じている。 私の運転免許証は「平成32年まで」と書かれている。何と しても元号を使わせたいなら、格安で全員分再発行してくれ よ。現実には存在しない日付で約一年使い続けるのだぞ。 私の勤務先の親…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女児虐待死事件

ニュース番組で何度も取り上げられている女児虐待死事件だが、みていると 児童相談所への批判ばかりが目につく。確かに「真摯に取り組まなかった」 「事なかれ主義に走った」ところは批判されて当然だろうとは思うが、意外 なほど触れられていないのが「今の児童相談所に何が出来るか」ということ だ。 子供を親から引き離す。親が親の役割…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

このブログをご覧になっているすべての皆様へ2018

新年明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 昨年をふりかえると後半はまったく書き込みしていなかったわけですが、 秋以降から勤務先の仕事がてんやわんやで、それはまだ続いています。 今年もどれだけ書けるかな。 昨年は森友事件や教育勅語で少し書き込みしましたが、うやむやでなど 終わってほしくない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真実の証明

例えば我々民間の者同士であれば、A・B両者の言い分が食い違ったとして A)メモあり(ただしその内容はBが否定) B)メモなし(ただしその言い分はAが否定) これでは初めから勝負が見えている。 (たとえ真実はBの主張が正しかったとしてもだ) 立場が上の者は、口頭だけで証明できるとでも思っているのだろうか。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教育勅語

「教育勅語には、至極まっとうなことが書かれている」 「教育勅語の精神は、取り戻すべきだ」 森友問題ではからずもクローズアップされた教育勅語だが、上記の意見に 「すべてではなく」という条件付きで私も賛成である。特に「友愛」「孝 行」などは人間として普遍的なテーマであろう。 対して「教育勅語はよくない」との声もある。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森友学園問題(3)

稲田防衛相は「記憶に基づいて答弁した。虚偽答弁との認識はない。」と発 言した。この言葉自体にはうそはないのだろう。しかし、こんな答弁が許さ れるとしたら、それこそ何でもありにならないか。事実と真逆の主張を、そ れも断言したのだぞ。 まずは「不確かな記憶で断言したことを心からわびる」と謙虚な態度をとる べきではないのか。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森友学園問題(2)

籠池理事長といい、稲田防衛大臣といい、安倍総理といい、教育勅語を賞賛 しておいてその精神や行動が伴っていないのはどういうことか。「朋友相信 じ」ではなかったのか。ああ、確かに教育勅語は、忠義と孝行は説くけれど 「嘘をつくな」「潔くあれ」とは書いていないな。 事実をつまびらかに述べ、その上で「自分の信義を貫いた結果だ。何か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森友学園問題

思想や主張を右・左に区別するのはどうか、と何年も前から言っているが、 かくいう私もついつい使ってしまう。いつも左と言われる私が森友学園を 快く思わないのは当然かもしれないが、単に園児に教育勅語を暗唱させる というだけで他がごく普通の幼稚園だったなら、支持はしないものの許容 はできたと思う。何となれば、教育勅語には普遍的な道徳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

このブログをご覧になっているすべての皆様へ2017

新年明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 毎度のことながら、昨年は一年のうちほんの少ししか書きこみしていません でした。まあ「気の向くまま」と言ってしまえばそれまでなのですが。 昨年の書き込みは、「大阪市の中学校長の発言」ほとんどこればかりでした。 この問題に限らず、賛否どちらにも理がある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝くじ

「買わなきゃ当たらない」 このキャッチフレーズが使われ出したのは、30年くらい前からだっただろうか。 この言葉に間違いはない。だが、より正確を期するなら、 「買わなきゃ絶対当たらない 買ってもほとんど当たらない」 である。 言っていることが間違いではないからといって、何でもかんでも「100%正し い」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少子化問題 暴論中の暴論(2)

SF小説や漫画によく出てくる「人工子宮」だが、これは実現可能な技術なのだ ろうか。タイムマシンや超光速飛行よりは可能性がありそうだが。 下等動物、まずはマウスあたりで国をあげて研究してみてはどうだろうか。 筋腫などで子宮を失った女性、年をとりすぎて、あるいは若くても病気やケガな どで妊娠・出産に耐えられない体になってしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少子化問題 暴論中の暴論

子供が欲しいと思っても、男は子供を産むことができず、女も男がいなければ 産むことはできない。かといって、意に沿わぬ相手と一緒になっても、家族と してうまくやっていけるはずもないだろう。少子化の原因の一つには、適齢期 の男女ともに、これはと思う相手が見つからないというのもあるのではないか。 なかには、結婚相手はともかく子供だけ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

少子化問題 現実的な対策

少子化問題に対し、今の日本で実行可能で他国でも実績のある対策といえば、 1)結婚と同棲を同等に扱う 2)婚外子も婚内子と同等に扱う 3)夫婦別姓を可とする 4)育児休暇の有給化 5)子ども手当の大幅増額 6)高等教育の学費負担大幅低減 というところだろうか。後半部分は財源を確保しないといけないので、増税と 物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪市の校長発言(5)

この校長先生の講話を全文読んで私が思ったのは、受け取る側で発言者の意図を かなりの部分補って行間を補完する必要があることだった。おそらくはそれを善 意に解釈した人が全肯定派になり、悪意に解釈した人が全否定派になったのじゃ ないか。 私に言わせれば、受け手次第で解釈が大きく変わるような話をしてしまった時点 で失敗だったと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪市の校長発言(4)

「少子化問題」の議論になると、決まって「子どもを産み育てようとすることは 自然の摂理である」と主張する人たちがいる。 それはその通りなのだが、一方で人間ほど自然の摂理に逆らって生きている生物 もないのである。 「子どもを産み育てることにやぶさかでないが、自分が”これは”と思える相手 が見つからない」との声があれば、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪市の校長発言(3)

この問題に限ったことじゃないが、どうしてこうネット上の意見は「全否定」と 「全肯定」が多いのだろう。この校長先生の発言については、私がみた限り後者 の方がやや多いか。(私がどちらかというと否定派だからそう感じるだけかもし れないが。) この先生の発言は、フレーズごとに区切って読めばそれほど間違ったことは言っ ていないし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪市の校長発言(2)

私事だが、私の姉は外国人と結婚し欧州某国で暮らしている。 以前からの夢をかなえたいということで、一念発起して四十代で大学にいき、 教職を取って五十代の新米教師として教壇に立ち、現在に至る。おそらく日本 では考えられないことだろう。 姉の話だが、その国では三十代、四十代で大学に入る人が少ないながらも珍し くはなく、日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪市の校長発言

大阪市の中学校で、全校生徒を前にした校長先生の発言が物議をかもしている。 すでにネット上では賛否両論かまびすしい。両論あるということは、おそらく 正しい部分も間違った部分もあるということだろう。校長本人から出されたと いう要旨を私も読んでみた。 主旨と思われる「子どもを産み育てることは人としてとても大切なこと」の点 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more