テーマ:マンガのこととか

ノスタルジー 17-3(1)

子供の時にみたマンガやアニメ、実写ドラマなどを、大人になってからみて みると、なつかしさに感激することも多いが、それ以上に「自分は子供の頃 こんなものに夢中になっていたのか」「こんな内容で通用した時代だったの か」という思いにかられることが少なくない。(まあ人間がすれて汚れてし まったせいかもしれないが。) ごく最近、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二世マンガ

少年ジャンプの看板作「NARUTO」が終了し、その息子が主人公の「外伝」が 短期だが連載された。(評判次第では続編とかあるのだろうが) 10年くらい前、やはり少年ジャンプの人気作だった「みどりのマキバオー」が、 息子ではなく甥だが主人公が世代交代して「たいようのマキバオー」となって連載 されている。(掲載誌は変わったよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニメ声優 15-5(1)

「NARUTO」岸本 斉史 言わずと知れた、No.1漫画誌少年ジャンプの看板のひとつだった 大ヒット作品である。漫画の方は先ごろ完結し、アニメの方も多 少のタイムラグがあるものの終局に向かう展開となっている。 漫画版の最終回で、主人公のナルトは一児のパパになっていた。 さらには、ナルトの息子が主人公の漫画が少年ジャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絶版マンガ図書館

何ヶ月か前に、「絶版マンガ図書館」というサイトを見つけた。 絶版となっているマンガを、広告表示させることで無料で公開するというものだ。 みてみると、なるほどこりゃー残念だが絶版になるのもしかたないなあという作品 が大半だが、ごく一部に自分の好きな作家や、自分が買った本があると少し落ち込 む。また、どうしてこんなに出来のい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひなたデリシャス

「ひなたデリシャス」徳山るーしー 女性自身連載のグルメマンガである。いわゆる女性週刊誌のマンガって、週刊現代とか男性 週刊誌のマンガもそうだけど、記事や読み物のオマケ的な作品が多い中、かなりの良作と思 っていた。飛びぬけて面白いわけでも、個性的なわけでも、奇をてらったわけでもないのに 読んでいてひきこまれるし、ヒロインは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

算法少女

「算法少女」原作:遠藤寛子 漫画:秋月めぐる 江戸時代に発行された「算法少女」をモチーフに児童文学として書かれた 原作のコミカライズ版である。 このマンガは大好きだったが、あとで単行本でゆっくり読もうと雑誌の方 は買っていなかった。 しかし、完結してから半年になるのに単行本2巻目が発売されていないの はどういうことだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カリュクス

「カリュクス」岬下部せすな 近未来社会で、世界は大規模な砂漠化が進んでおり、日本はいくつかの国 に分かれて戦闘状態に入っていた。それに並行して、植物に寄生されると いう謎の奇病が発生し、なぜか取りつかれるのは少女たちばかりという。 発病した少女たちは「花の少女」と呼ばれ、隔離施設に収容される。そん な少女たちが恋をすると耳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲート 自衛隊

「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」 現代日本の銀座に突然巨大な門(ゲート)が現れ、 中世ヨーロッパ風の兵士たちと火を吐くドラゴン、 コボルドたちが暴れまわって大惨事となる。門の外 は異世界だった!というかなり荒唐無稽な設定のマ ンガであるが、これがめっぽう面白い。 日本の自衛隊をこんなにもカッコよく描くマンガは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最後の戦い

私は「月光条例」(藤田和日郎)が好きでずっと読み続けている。 しかし、月の世界の住人たちとの戦いになってからはあまり面白 く読めなくなってしまった。これが「最後の戦い」なんだろうが もう一年くらい続いている。 このマンガの真骨頂は、有名なおとぎばなしをパロるところにあ るだろうに。オリジナルキャラ同士の戦いだったら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漫画作品の長期化(2)

例えば「ドラえもん」のような作品であれば、たいていの読者は 小学生の一時期にだけ読むもので、藤子マニアを除けば何十年も 続けて読む人は少ないだろう。 しかし前回も取り上げた「ワンピース」「名探偵コナン」「はじ めの一歩」などは一貫したストーリーがあるわけで、気に入って 読み始めた人たちの多くは「最後はどうなるか」が気になる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漫画作品の長期化

きょうびの漫画は、「ワンピース」「名探偵コナン」「はじめの 一歩」など長期化する作品が多い。 50巻とか70巻とか冊数を重ねている漫画というのはほぼ例外なく 人気漫画なのだろう。私も含めて引き延ばしだマンネリだとクダ 巻く向きはたいがい通ぶった奴なんだろうが、そんな奴ら度外視 してもビジネスとして成立するということだろう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リメイクするのなら

「009 RE:CYBORG」 原作は、いわずとしれた70年代の名作漫画である。 過去にも何度かアニメ化しており、全話分ではないものの私は全シリーズ観ている。 私などが今さら言うまでもないことだが、ヒーローたちがチームで戦うさきがけとも いえる作品だ。当時としては時代の先を行った斬新な作品だったが、40年という月日 はいか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

マンガのキャラ

「バビル2世」全11巻を読む機会があった。 アニメ版は観ていた記憶があるが原作は読んでいなかった。 アニメ版のストーリーもうろ覚えだったので面白く読めたが、 ストーリー展開といい超能力の設定といい良くも悪くも70年 代前半のマンガであった。 今回言いたかったのは登場するキャラクターである。 単行本10冊以上の長丁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観ないで言うのも何だが…

アニメ「宇宙戦艦ヤマト」が復活するという。(もう放映中?) 続編ではなく、完全な新作として基本設定はそのままに今風の アレンジを受けてリメイクされるという。 前作の初回放映は1974年だから、当時小学6年生だったファン が今は50歳になっている。一大ブームになったのは3年後に映 画化されてからだが、そのとき小四だった子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小林よしのりとパチンコ

「ゴーマニズム宣言」の小林よしのりがネットで叩かれている。 日頃、愛国的主張をマンガで繰り返している彼が、自分のキャラ クターをパチンコに使わせたことについてである。すなわち、北 朝鮮の財源となっているパチンコ産業に、何で肩入れするのかと いうことだ。 小林曰く、「版権を渡した京楽は日本企業である」「北朝鮮への 送金…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「あしたのジョー」の復刻連載

ひと月ほど前から、週刊現代に往年の名作マンガ「あしたのジョー」が 復刻連載されている。 この作品がマンガ史上に残る傑作であることに異論はないし、自分も好 きな作品ではあるが、なぜ今、それも即時性が求められる総合週刊誌で の復刻連載なのか。 週刊現代といえば、政界スキャンダルや大相撲の八百長問題等が主体の、 いわゆるサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いまどきの少女マンガ

自分は男でありしかもとっくの昔に少年少女ではなくなっているので、 いわゆる少女マンガにはあまり詳しくはないのだが、何年か前に床屋で 何作品か読んでみて、少女マンガもずいぶん変わったなあと思った。 男女間の恋愛が主要テーマになるのは今も昔も同じだが、昔ほどは結婚 を至上の幸福とも恋愛の行き着くゴールともとらえてはいないようなの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いい大人がマンガかよ

私もいい年だが、いまだマンガの類をよく読んでいる。 テレビでアニメ番組を観たり、ゲーム機で遊んだりもする。 (ゲームの方はファミコン・スーファミ時代の1/100も プレイしていないように思うが) 「大人のくせに」と甥・姪には笑われたりもしているが、ま あ好きなものは仕方がない。 65歳の麻生大臣もマンガが大好きという(あの…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more