STAP細胞の不正疑惑(3)

STAP細胞不正疑惑だが、理研は小保方リーダーの論文に不正が あったと結論づけ、再調査はしないと宣言した。小保方リーダー側 は、告訴も含め対応策を検討中という。この問題の決着については、 まだ紆余曲折があるだろう。 小保方リーダーはこのさきどういう処遇を受けるのだろう。 理研側の結論が「過失はあったが悪意や不正はなかった」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

STAP細胞の不正疑惑(2)

いまだ事態の収拾の目処がつかないSTAP細胞不正疑惑で あるが、この喧騒の中で、以前から感じていたことを一層強 く感じさせられた。 週刊誌でもネットでも、誰彼かまわず小保方リーダーの「批 判派」と「擁護派」に二分する風潮だ。 何もこの問題に限ったことではないが「右翼vs.左翼」とか 「親中vs.嫌中」「原発推進vs.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

STAP細胞の不正疑惑

STAP細胞の不正論文疑惑が、大きな問題になっている。 報道されている通りの不正が行われたのだとしたらそれは 由々しきことであるし、主筆の小保方女史を含め当事者た ちは相応の罰を受けないといけないだろう。 それはわかっているのだ。 これはネット上でも多くの人が指摘していることだが、マ スコミの報道ぶりはかなりおか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲート 自衛隊

「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」 現代日本の銀座に突然巨大な門(ゲート)が現れ、 中世ヨーロッパ風の兵士たちと火を吐くドラゴン、 コボルドたちが暴れまわって大惨事となる。門の外 は異世界だった!というかなり荒唐無稽な設定のマ ンガであるが、これがめっぽう面白い。 日本の自衛隊をこんなにもカッコよく描くマンガは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソチ五輪終了

いまさらな話だが、ソチ五輪が終わった。 長野五輪に次ぐメダル数というのは、まずまずと言えると思う。 つきなみだが選手の健闘をたたえたい。 ここからは暴論である。 私は、オリンピックはだれの目にも勝敗があきらかな種目だけ にすべきではないかと思う。 要するに、時間や距離で競うもの、ボールがラインを越えたか 越えないか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

このブログをご覧になっているすべての皆様へ2014

新年明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 昨年は勤務先の状況も私生活も、アベノミクスの恩恵などほとんど 感じられないような日々でした。数字の上では確かに景気が回復し ており、勤務先でもまがりなりにも設備投資ができているのだから 少しずつでもよい方向に動いていると信じたいのですが、消費税増 税…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最後の戦い

私は「月光条例」(藤田和日郎)が好きでずっと読み続けている。 しかし、月の世界の住人たちとの戦いになってからはあまり面白 く読めなくなってしまった。これが「最後の戦い」なんだろうが もう一年くらい続いている。 このマンガの真骨頂は、有名なおとぎばなしをパロるところにあ るだろうに。オリジナルキャラ同士の戦いだったら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漫画作品の長期化(2)

例えば「ドラえもん」のような作品であれば、たいていの読者は 小学生の一時期にだけ読むもので、藤子マニアを除けば何十年も 続けて読む人は少ないだろう。 しかし前回も取り上げた「ワンピース」「名探偵コナン」「はじ めの一歩」などは一貫したストーリーがあるわけで、気に入って 読み始めた人たちの多くは「最後はどうなるか」が気になる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漫画作品の長期化

きょうびの漫画は、「ワンピース」「名探偵コナン」「はじめの 一歩」など長期化する作品が多い。 50巻とか70巻とか冊数を重ねている漫画というのはほぼ例外なく 人気漫画なのだろう。私も含めて引き延ばしだマンネリだとクダ 巻く向きはたいがい通ぶった奴なんだろうが、そんな奴ら度外視 してもビジネスとして成立するということだろう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フジのクラッセが生産中止に

デジタルデヴァイドな母のために、昨年7月に買ったフジの クラッセが生産中止になったという。 おそらくは最後のコンパクトフィルムカメラであり、もうフ ィルムカメラを望んでも入手できないというのは、時代の流 れとはいえさびしいものがある。(高級一眼レフはまだある ようだがよほどのマニアでなければ無縁のものだ。) アナログのレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自転車事故

自転車事故で高額賠償の判決が何件も報道されている。 一つには、小学生が60代の女性をはねて何年も意識不明となり、 母親に9500万円の支払い判決が出たという。 「何年も意識不明」ということは、いわゆる植物状態なのだろう からそれをささえる家族たちの負担や苦労を考えると決して高く はないだろう。被害者側に立てばこれでも少ない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リメイクするのなら

「009 RE:CYBORG」 原作は、いわずとしれた70年代の名作漫画である。 過去にも何度かアニメ化しており、全話分ではないものの私は全シリーズ観ている。 私などが今さら言うまでもないことだが、ヒーローたちがチームで戦うさきがけとも いえる作品だ。当時としては時代の先を行った斬新な作品だったが、40年という月日 はいか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

またまた1年ブランクになった

再開したかと思ったらまたすぐ一年も中断してしまった。 この1年は公私ともに特段に大きな変化はなかったと思うが。 大上段に政治の話でなく気楽なマンガの話であれば続くかと思ったんだがなあ。 まあ気の向くまま書くようにするか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マンガのキャラ

「バビル2世」全11巻を読む機会があった。 アニメ版は観ていた記憶があるが原作は読んでいなかった。 アニメ版のストーリーもうろ覚えだったので面白く読めたが、 ストーリー展開といい超能力の設定といい良くも悪くも70年 代前半のマンガであった。 今回言いたかったのは登場するキャラクターである。 単行本10冊以上の長丁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観ないで言うのも何だが…

アニメ「宇宙戦艦ヤマト」が復活するという。(もう放映中?) 続編ではなく、完全な新作として基本設定はそのままに今風の アレンジを受けてリメイクされるという。 前作の初回放映は1974年だから、当時小学6年生だったファン が今は50歳になっている。一大ブームになったのは3年後に映 画化されてからだが、そのとき小四だった子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今さらな話だが

今さらな話だが、私は3年前に政権交代を望んだクチだ。 今となっては言い訳がましさ大爆発だが、民主党政権にそれ ほど多くを期待したわけではなかった。口当たりのいい項目 が並ぶマニフェストなど、実現出来てもほんの少しだろうし、 政権運営の未熟さから短命政権で終わるだろうとも思ってい た。もっと正直にいえば、それで十分だと思って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一年二カ月ぶりの再開

一年二カ月ぶりの再開です。。 昨年の4月初めに「(大震災の日から)ようやっと書き込みする気力が 戻ってきた」と投稿した矢先に震度6もの大型余震が来て、立ち直りか けたところに追い打ちをかけられ、すっかり心が折れてしまいました。 ある程度復旧が進んだ家の中が再びめちゃくちゃになり、倒れた塀の残 っていた部分までが倒れると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北地方太平洋沖地震

ようやっと書き込みする気力が戻ってきました。 今回の大震災では、私の家もあちこち壊れたり、家の中で 書棚がいくつも倒れていまだ整理できていなかったり、さ んざんな目にあいました。何よりも、電気・水道・ガス等 ライフラインの途絶がこたえました。それは今も完全には 戻っていません。 自家用車で長距離通勤をしている私に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

このブログをご覧になっているすべての皆様へ2011

新年明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 勤務先の仕事はと言うと、一昨年のどん底からV字回復した といえば聞こえはいいが、コストは徹底的に値切られて、利 益なき繁忙が続いています。仕事がないよりははるかにまし ですが、先々明るい展望も見つけにくい状況です。 大手家電も自動車も、エコポイントや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

義憤

尖閣諸島漁船衝突事件のビデオは、はやく公開すべきだと私も 思っていた。それも、数分にダイジェストするんじゃなくって できれば全部公開すべきだとも思っていた。 多くの人が見たがっていたし、私もその一人だった。 しかし、こういう形で公開されて「見れて良かった」と思う反 面、これで良かったのかという複雑な思いが消えない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more