今さらな話だが

今さらな話だが、私は3年前に政権交代を望んだクチだ。 今となっては言い訳がましさ大爆発だが、民主党政権にそれ ほど多くを期待したわけではなかった。口当たりのいい項目 が並ぶマニフェストなど、実現出来てもほんの少しだろうし、 政権運営の未熟さから短命政権で終わるだろうとも思ってい た。もっと正直にいえば、それで十分だと思って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一年二カ月ぶりの再開

一年二カ月ぶりの再開です。。 昨年の4月初めに「(大震災の日から)ようやっと書き込みする気力が 戻ってきた」と投稿した矢先に震度6もの大型余震が来て、立ち直りか けたところに追い打ちをかけられ、すっかり心が折れてしまいました。 ある程度復旧が進んだ家の中が再びめちゃくちゃになり、倒れた塀の残 っていた部分までが倒れると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北地方太平洋沖地震

ようやっと書き込みする気力が戻ってきました。 今回の大震災では、私の家もあちこち壊れたり、家の中で 書棚がいくつも倒れていまだ整理できていなかったり、さ んざんな目にあいました。何よりも、電気・水道・ガス等 ライフラインの途絶がこたえました。それは今も完全には 戻っていません。 自家用車で長距離通勤をしている私に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

このブログをご覧になっているすべての皆様へ2011

新年明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 勤務先の仕事はと言うと、一昨年のどん底からV字回復した といえば聞こえはいいが、コストは徹底的に値切られて、利 益なき繁忙が続いています。仕事がないよりははるかにまし ですが、先々明るい展望も見つけにくい状況です。 大手家電も自動車も、エコポイントや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

義憤

尖閣諸島漁船衝突事件のビデオは、はやく公開すべきだと私も 思っていた。それも、数分にダイジェストするんじゃなくって できれば全部公開すべきだとも思っていた。 多くの人が見たがっていたし、私もその一人だった。 しかし、こういう形で公開されて「見れて良かった」と思う反 面、これで良かったのかという複雑な思いが消えない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の核が世界を制す

伊藤貫の同名の本を読んだ。 2006年発行の本だが、今だからこそ注目すべき内容だと思った。 本の帯には「アメリカは日本を守らない」とある。たとえ台湾や 日本が中国に脅かされても、アメリカは中国と対決しないという のだ。 冷戦時代には、米ソ両国は注意深く正面衝突を避けてきた。中国 も同様に核大国である以上、アメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いまさらだけど検察問題

商人も政治家も警察官も教員も、大部分はまじめに職務を遂行しようと しているのだろうが、ごく一部にはろくでもない悪党もいる。 要は、検察官も同じ人間だったということか。 考えてみれば当たり前のことなのだが、自分も含めて世の多くの人たち が「検察官だけはすべからく正義漢であってほしい」と思い込んでいた のかもしれない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いまさらだけど尖閣問題

尖閣問題で、中国側の船長を逮捕した時は、正直「今までよりずいぶん 強気に出たな!」と賛辞をおくりたい気分になった。 自民党の谷垣が「船長を逮捕せず直ちに国外退去させた方が良かった」 と言った時には、正直、「それって弱腰じゃないか!」と思った。 その後の政府のちぐはぐな対応と中国側の横暴には、世間一般と同様に 歯がゆさと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

このブログをご覧になっているすべての皆さんへ 2010

新年明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 100年に1度の世界同時不況の中、皆さんいかがお過ごし でしょうか。 私事になりますが、昨年、特に前半は、勤務先が創業以来最 低の売り上げに落ち込み、厳しい一年でした。一時帰休なる ものを体験したのもその時期でした。後半は少し持ち直した ものの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

げに恐ろしきは小選挙区制

漫画家の業田良家は、マンガの中で「小選挙区制にしたのは間違いだったと 思う」と言っていた。 そういえば、日本で国政選挙が小選挙区制になったのは、もう10年以上前 なのだな。当時賛成だった人たちは、今も正しかったと思っているのだろう か。 当時の民主党はできたばかりの弱小政党に過ぎず、野党第一党は公明党が母 体の新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

選挙のゆくえ

週刊誌をみると、程度の差はあれ「民主圧勝確実」の見出しが踊って いる。(まあ数週間前には「東国原総裁・舛添幹事長で自民単独過半 数!」なんて書いていたところもあったが。) 都議選の結果をみても、与野党トータルでは僅差の接戦だったわけで、 今度の衆院選もどちらが勝つかまだまだ読めないと私は思う。都議選 の勢いそのままに短いイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デジタルデヴァイドな私の母は

デジタルデヴァイドな私の母は、いまだにフィルムカメラを 愛用している。 いちいち現像・プリントを依頼しないと写真にならない面倒 さはあるが、上がったプリントをみると、デジタルカメラを 見慣れた目にはその鮮鋭さに息を飲む。 母のカメラは決して高級品などではなく、10年位前に2~ 3万で買ったコンパクトカメラだ。デザイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小林よしのりとパチンコ

「ゴーマニズム宣言」の小林よしのりがネットで叩かれている。 日頃、愛国的主張をマンガで繰り返している彼が、自分のキャラ クターをパチンコに使わせたことについてである。すなわち、北 朝鮮の財源となっているパチンコ産業に、何で肩入れするのかと いうことだ。 小林曰く、「版権を渡した京楽は日本企業である」「北朝鮮への 送金…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たかだか中小の町工場の売り上げで

私事ではあるが、勤務先でのこと。この不況下で売り上げは激減して いるが、落ち込みの小さい、もしくは多少でも上がっているところは、 主として中国で展開している取引先で、国内、北米中心に展開してい る取引先は軒並みがた落ちだった。 たかだか中小の町工場の売り上げで、世界が語れるわけではないのだ が、昨今の情勢を実感する思いだっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世襲制限

「自由」という観点からだと、制限はあまりつけるべきではない。 単に、親が政治家だったからその子供が政治家になれないとする ことは、場合によっては真に資質や能力のある人間をスポイルす ることにもなりかねない。 そもそも、選挙制度がきちんと機能しているのであれば、親が政 治家だったからといって、資質や能力に欠ける人間を選挙民が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「あしたのジョー」の復刻連載

ひと月ほど前から、週刊現代に往年の名作マンガ「あしたのジョー」が 復刻連載されている。 この作品がマンガ史上に残る傑作であることに異論はないし、自分も好 きな作品ではあるが、なぜ今、それも即時性が求められる総合週刊誌で の復刻連載なのか。 週刊現代といえば、政界スキャンダルや大相撲の八百長問題等が主体の、 いわゆるサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢代表の進退問題

私は、政界の風通しを良くするという意味でも政権交代に期待し ているものである。 多少のアラや未熟さはあっても、万年与党にあぐらをかいた自公 連合から民主中心に政権が変わってほしいと思っている。そうす ることによって、両陣営に緊張感が生まれ、たとえ民主首班政権 が一年かそこらの短命に終わったとしても、長い目で見れば我が 国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネットでの中傷に警察が介入

お笑い芸人のブログに根拠のない中傷コメントを書いた者たちが、名誉毀 損容疑で書類送検されるという。対象とされているのは17歳から45歳の男 女18人ということだ。これを機会に、ネット上の誹謗中傷をとりしまる動 きがみられる。 以前から、ネット上で無法や無軌道な物言い・書き込みが多いことが気に なっていた自分としては、残…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

共産主義、資本主義の次に来るもの

今年もしくは来年は、「資本主義が滅ぶ時」と言う人がいる。 約20年前にソ連が崩壊し、中国も開放経済に大きく舵をとり、 共産主義は事実上滅んだ。さらに資本主義が滅んだら、次に来 るのはいったい何? 誰もが予想しなかった夢のような体制などあるわけがないし、 素人考えかもしれないが、おそらくは資本主義と共産主義の中 間的な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

このブログをご覧になっているすべての皆様へ

新年明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 100年に1度の世界同時不況の中、皆さんいかがお過ごし でしょうか。 さんざん言われていることですが、この世界同時不況の進行 スピードは半端じゃなく、テレビで報道されている失業者の 悲劇は、まったくもって他人事ではありません。 もしも自分が失職…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more