憲法と法律(7)

成立前の安保法案を前提にした自衛隊幹部の会議資料が、国会で共産党から提示された。 そのことで「誰が流出させたか」犯人探しが行われているという。 ネット上でも「自衛隊までが左翼に汚染されているのか」などと書き込まれている。 これは私の憶測だが、流出させた当人は根っからの共産党支持者ではないのではないか。 大体そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲法と法律(6)

安保法案や、最近では防衛省の会議資料をめぐる議論で思うのだが、 「まずルールを守ってほしい」 日本は法治国家である。 そして、悪法でも法は法である。 それは、法律の最上位に位置する憲法でも同じである。 もちろん人間のつくるものに完璧はない。時代ととも変わるものもある。 だからより適切なものに変えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍談話

安倍談話をみて、最初に頭に浮かんだ言葉が「玉虫色」だ。 我が国の政治ではよく使われる言葉だが、今回の談話ほど色濃く出たものを 私は知らない。 過去の戦争で、日本が一方的に悪かったとも言っていないし、正しかったと も言っていない。「侵略」という言葉は使われているが、「日本が侵略した」 とは言っていない。「おわびをして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新国立競技場を白紙に

新国立競技場の計画を白紙にして見直すと、安倍総理が明言した。 私は、ネット上でザハ案を推し進める安倍政権を擁護するコメントを多数見て きたが、そういう書き込みをしてきた人たちは今後どうコメントするのかな。 「景気をよくするためにはお金をじゃぶじゃぶ使う必要がある。政府の方針は  正しい!」 とか、見直し発言前は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二世マンガ

少年ジャンプの看板作「NARUTO」が終了し、その息子が主人公の「外伝」が 短期だが連載された。(評判次第では続編とかあるのだろうが) 10年くらい前、やはり少年ジャンプの人気作だった「みどりのマキバオー」が、 息子ではなく甥だが主人公が世代交代して「たいようのマキバオー」となって連載 されている。(掲載誌は変わったよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲法と法律(5)

私などがいかにネットで批判を口にしても、多数決の論理はいかんともしがたく 結局はこの安保法案も可決されるのだろう。(諦観するのはあまりに悔しいが) それが安倍・橋下コンビの策略通り普通に多数決になるのか強行採決になるのか わからないが。強運なのか何なのか、信じられないほど長期間高支持率を維持し てきた安倍総理のことだから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲法と法律(4)

この問題には自分でも驚くほどこだわっているが、いくら言っても言い足り ないほどだ。 政治は結果が一番大事だが、過程もまた大事なのだ。 「テレビ朝日”朝まで生テレビ”出演を自公両党の議員たちがドタキャン」 気持ちは分からなくはない。あちこちで批判が出ているように、あの番組は 左翼バイアスがかかっていて、公平・公正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲法と法律(3)

今回の安保法案を通そうと思ったら、安倍首相は次のように主張すべきだと 思う。   この法案は日本を守るために是が非でも必要なものだ。   だが残念ながら現行憲法では違憲となる内容だ。   だからこの法案が合憲となるように憲法を改正する。   そのためにも国民の皆さんの理解と協力が欲しい。 潔く、そして堂々とこのよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲法と法律(2)

 いつもながらネット上では「自分の意見こそが正しい!反対する奴はバカ!」  みたいに決め付けた意見が多いが、少し考えればことがそう単純でないこと  はわかるはずだ。 これは私が当ブログで7、8年前に言った言葉だ。 言うのも何だが、この悪しき風潮は年を追うごとに酷くなっていく感がある。 改憲派と護憲派の意見にしてもそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲法と法律

多くの人が言っているが、原理原則に従うならば、   今回の安保法案を通そうと思ったらまず憲法改正ありき だと思う。 断じて、詭弁を弄して「合憲だ」などと強弁してゴリ押しすべきでない。 こう言うと、次のことを言う人がいる。 「憲法守って国滅ぶ」 だれがいつ言った言葉だろう。 要するに、国民の命…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニメ声優 15-5(1)

「NARUTO」岸本 斉史 言わずと知れた、No.1漫画誌少年ジャンプの看板のひとつだった 大ヒット作品である。漫画の方は先ごろ完結し、アニメの方も多 少のタイムラグがあるものの終局に向かう展開となっている。 漫画版の最終回で、主人公のナルトは一児のパパになっていた。 さらには、ナルトの息子が主人公の漫画が少年ジャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くりごとになるが 15-4(1)

世の中どうして対決ばかりがあるのかな。 「殉愛」をめぐる裁判にしても…。 ネット上である人が、「この小説は”空手バカ一代”だ」と言っていた。 要するに面白くするためにかなりの部分をフィクションにしていると言 いたいのだろうが、私は「そうかあ?」と思ってしまう。何といっても ”空手バカ~”は、悪い役どころはみんな架空の人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絶版マンガ図書館

何ヶ月か前に、「絶版マンガ図書館」というサイトを見つけた。 絶版となっているマンガを、広告表示させることで無料で公開するというものだ。 みてみると、なるほどこりゃー残念だが絶版になるのもしかたないなあという作品 が大半だが、ごく一部に自分の好きな作家や、自分が買った本があると少し落ち込 む。また、どうしてこんなに出来のい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひなたデリシャス

「ひなたデリシャス」徳山るーしー 女性自身連載のグルメマンガである。いわゆる女性週刊誌のマンガって、週刊現代とか男性 週刊誌のマンガもそうだけど、記事や読み物のオマケ的な作品が多い中、かなりの良作と思 っていた。飛びぬけて面白いわけでも、個性的なわけでも、奇をてらったわけでもないのに 読んでいてひきこまれるし、ヒロインは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Eテレで「境界のリンネ」アニメ化?

高橋留美子はデビュー時以来からのファンだけどさぁ。 「リンネ」もいいのはわかるけどさぁ。 Eテレのアニメだったらもっとふさわしいのがいっぱいあるでしょう? こないだ言った「算法少女」とか。 同じ小学館の「あさひなぐ」もいいな。終わり5分くらい(これが多いな 俺。)で薙刀の解説やるとか。(「銀河へキックオフ」の終…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

このブログをご覧になっているすべての皆さまへ2015

新年明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 昨年の大きな出来事といえば、4月の消費税増税と12月の総選挙で しょうか。既定路線だった消費税増税はさておき(我々庶民にとって 痛いことは確かだが)、総選挙をはじめとする世の中の動きには、ど うにも理解しがたいものが多いです。 景気を冷え込ませる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ時代劇は滅びるのか

「なぜ時代劇は滅びるのか」春日太一 今年刊行されたこの本では、今なぜ時代劇がここまで不人気になってしま ったのかを解説している。 「テレビ局とスポンサーの問題」「監督や脚本家の問題」「撮影所の問題」 「役者の問題」など、著者のいうことはおそらくみな正しいのだろう。 「時代劇イコール高齢者向けという固定観念があるが、かつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

算法少女

「算法少女」原作:遠藤寛子 漫画:秋月めぐる 江戸時代に発行された「算法少女」をモチーフに児童文学として書かれた 原作のコミカライズ版である。 このマンガは大好きだったが、あとで単行本でゆっくり読もうと雑誌の方 は買っていなかった。 しかし、完結してから半年になるのに単行本2巻目が発売されていないの はどういうことだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノーベル平和賞候補に日本の憲法9条があるというが

日本国憲法第9条がノーベル平和賞を受賞したら、「自民党は終わりだ」 「改憲派は終わりだ」という人がいる。 いくらなんでもそれは考えすぎじゃないか。ノーベル平和賞ってそれほど 重いものだろうか。 アウンサンスーチーが受賞しても当時のミャンマー政府は彼女の軟禁を継 続した。アラファトとラビンが受賞したが、何年かのちには…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カリュクス

「カリュクス」岬下部せすな 近未来社会で、世界は大規模な砂漠化が進んでおり、日本はいくつかの国 に分かれて戦闘状態に入っていた。それに並行して、植物に寄生されると いう謎の奇病が発生し、なぜか取りつかれるのは少女たちばかりという。 発病した少女たちは「花の少女」と呼ばれ、隔離施設に収容される。そん な少女たちが恋をすると耳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more