どうしてこんなに潔さがないのか(4)



タイトルを叫びたくなる状況が、エスカレートしている。

ネット上でも雑誌記事でも、野党に対して「桜をみる会なんか追及している場合
か」「もっと大事な案件があるだろうが」という声が強い。

今の野党に問題なしとは言わないが、それは違うと私は思う。
前にも書いたが、政権側がすべてをオープンにすればあっという間に話がおわる
のだ。何よりも大事なことは、政権側の言い分が「信用できるかどうか」だ。今
の段階で言いきることはできないが、政権側の姿勢をみていると、ごまかし・言
い逃れをしているとしか思えない。

これがどういう意味を持つか。

「コロナウイルス問題」での政府の言い分も、同じでないと言えるのか。
全てを見渡し、最上段から指示を出す立場である政府の言い分が、信用できなか
ったら国民は何を信じればよいのか。
「桜をみる会をめぐる政府の言い分が信用できるから、コロナウイルス問題につ
いても信用できる」そういう論理なら成り立つが、前者はともかく後者は信用で
きるなどとは誰が言えるか。

真実を言えば国民がパニックになる?

それはあまりにも国民を信用しなさすぎる。なめていると言ってもいい。

たとえ法的な問題や道義的な問題があったとしても、潔く真実を語った相手には
国民も理解を示すはずだ。(責任の追及はまた別の問題だが)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント