真実の証明


例えば我々民間の者同士であれば、A・B両者の言い分が食い違ったとして

A)メモあり(ただしその内容はBが否定)

B)メモなし(ただしその言い分はAが否定)

これでは初めから勝負が見えている。

(たとえ真実はBの主張が正しかったとしてもだ)

立場が上の者は、口頭だけで証明できるとでも思っているのだろうか。

いまだ日本では確立されたとはいいがたい「三権分立」の重要性を改めて

思い知らされた気がする。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック